ガシラッコの自然観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 博多曲物

<<   作成日時 : 2016/10/27 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

博多で曲げ物が作られているなんて知りませんでした。
江戸時代以降、栄えた時期があったそうです。
今でも筥崎宮(はこざきぐう)に納めているそうです。

お重やお櫃の他、弁当箱も作っているそうなので、一つ買ってみることにしました。
筥崎宮に近い、馬出(まいだし)にある柴田徳商店さんにうかがったのは先月の末でした。
その時、一段のやら二段のやら、幅の細いのやらいろいろ見比べて注文したのが出来上がりました。

秋田の曲げわっぱのような繊細なものではありませんが、さっぱりしたデザインで普段使いにちょうどいいという印象です。
細幅の一段の弁当箱、2,500円でした。蓋は無地ですが、僕はビビッドな色遣いの絵が博多曲げ物らしくて好きなので、絵入りの蓋も別に買いました(700円)。
使い始めは杉の灰汁が出るので、熱湯に3度浸しました。最初は赤っぽい色の水がお湯を替えるごとに薄い色になりました。
後は乾かせばOKです。
箱の内側のカーブの部分が少しきめが粗かったので、細かめの耐水ペーパーで少しあたったらすっきりしました。
洗いにくい部分なので滑らかな方がいいですよね。

画像

地下鉄の馬出九大病院前から歩いて5分ほどのところにあります。
JRの吉塚駅からも10分はかからないですね。


画像

お盆やコースターも気になります。


画像

自分のカバンの幅に合わせて細めの1段にしました。


画像

毎日の弁当がなんだかめでたい感じなりそうで楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
博多曲物 ガシラッコの自然観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる