ガシラッコの自然観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イプシロンロケットの打ち上げを見る

<<   作成日時 : 2016/12/22 00:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

昨夜20時ちょうどに、鹿児島県大隅半島にある内之浦宇宙空間観測所でロケットの打ち上げがありました。

二度の打ち上げ日延期で見損ねたはやぶさ2の打ち上げから2年、その間にもいくつものロケットの打ち上げはあったのですが、今回、3年ぶりに種子島ではなく九州本土での打ち上げがあり、これを見に行くことにしました。

内之浦は非常にアクセスの悪いところで、鉄道は無く、車でも高速を降りてから下道をかなりの距離を走らなければなりません。
昨日は福岡天神を朝7時前に出るバスに乗り、11時半頃鹿児島中央駅に到着しました。
新幹線なら2時間足らずですが、値段を考えると半額以下ですからね。
鹿児島中央駅で友人と合流し、さっさと昼食を済ませ、ツアーの受付をします。

目指す宮原ロケット見学場は打ち上げ地点から3キロ弱のところに有って、打ち上げの様子を見る地点としては射場に最も近く、かつ発射台にセットされているロケットも見えるという最高の場所です。
そんな好条件ゆえ、事前の申し込みが必要で、当初は抽選に当たった人のみツアー客として参加を受け付けていました。
最終的には定員に達しなかったようで抽選にはいたらなかったのですが、事前の申し込みは必須で、鹿児島中央駅からのグループは大型バス5台に分乗して内之浦を目指します。
内之浦は大隅半島の東海岸にあるので、鹿児島市からは錦江湾をぐるっと回って最後に半島を横切って行かねばなりません。
途中、トイレ休憩があったりして、なんと4時間近くをかけ午後4時半頃、ようやく見学場に到着しました。

画像

天気予報は曇り時々雨でしたが午後からは晴れてきました。
大隅半島から錦江湾越しに薩摩半島にある開聞岳が見えました。


画像

せっかく来たのでウチノウラキモツキ共和国に国民登録してきました。


画像

早速、発射台を確認します。10倍の双眼鏡越しに見ています。ロケットはまだ格納庫の中です。


画像

実際の見た目はこんな感じです。結構、距離があります。


画像

打ち上げまでまだ3時間ほどあるので腹ごしらえ。地元産のイカシロン焼き。


画像

お弁当には缶バッジがついてきました。カレー丼みたいなのにイカシロン焼きをプラス。
焼酎のお湯割りも。おなかいっぱい〜


画像

午後5時20分頃、格納庫からイプシロンロケット2号機が姿を現しました。


画像

最前列の人たちは何時から来てるんでしょうね。


画像

夕やみ迫る発射台。急にざわつく見学場。
予報が曇りだったので見えるわけないと全くノーマークだったんですが、国際宇宙ステーションが射場の上を通過!
これには盛り上がりました!


画像

手前に物販のテント、その奥に大型バスの駐車場、山の上にロケットが見えています。
雲一つない夜なのに暖かく、過ごしやすかったです。天の川や二重星団h-χなどが肉眼で見えました。



そして打ち上げです。真っ暗なのが急に明るくなるだけでロケットは見えませんが、雰囲気だけでもどうぞ。


画像

打ち上げ後かなりの時間、オリオン座の頭からベテルギウスにかけて、もやっとしたものが出ていました。
ロケットの噴煙だったんでしょうか。なにか変った雲が出来ることがあるとも聞きます。

打ち上げ後はまた4時間かけて鹿児島中央へ。
車中で衛星の名前が「あらせ」に決まったことを知りました。そんな名前のお相撲さんがいましたよね。
磁気嵐の中、強くたくましく働いてほしいと思います。
そして、日付が変わるころ鹿児島中央駅に到着しました。眠いですが、友人と駅前で打ち上げの打ち上げを軽く。

それにしても、こんなにバスに乗ったのは初めてです。列車だと苦にならないんですが、バスはちょっとね。
疲れました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。 ...続きを見る
ガシラッコの自然観察日記
2017/01/01 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イプシロンロケットの打ち上げを見る ガシラッコの自然観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる