富士山の山頂を踏む

高山病による頭痛がおさまらないまま、夜明けを迎えました。 起きてうろうろしていたら、体は動く感じなので山頂を目指すことにします。 山頂でのご来光を見る人たちが出発した後、少しのんびりした雰囲気の山荘でゆっくりします。 下からは弾丸登山と思しき人たちがヘッドライトを灯して次々にやってきます。 東の空、だんだん明るく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山に挑戦する

この夏、友達に富士山に登ろうと誘われていました。 2,000mより高い山に登ったことがないし、森林限界を越えたら花も咲いてないし、富士山の魅力も今一つよくわかっていなかったんですが、せっかくのお誘いだし、一人では行かないであろう山なのでチャレンジしてみることにしました。 最初に計画したのは7月の末、ちょうど台風がやってきて取り止…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

筑波山で秋の花を楽しむ

先週の土日で友達と富士山に行く計画を立てていましたが、荒天のため見送りになりました。 今年は毎月1度はハイキングと決めていましたが、これで8月はどこも行けずじまいとなってしまいました。 9月初日の日曜は曇りの予報で、高い山でなければ風雨の心配はなさそうなので、筑波山に行ってみることにしました。 茨城県の山は初めてです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シラカバのナイフシース

モーラナイフアドベンチャーに参加した時、玉切りしたシラカバから樹皮を少しもらって来ていました。 特に目的があったわけではないんですが、薄くて油分を含むので火口(ほくち)になるし、見た目がきれいだから何かに使えるかもと考えていました。 1か月以上そのままにしていたんですが、ふと思いたって、この皮を使ってナイフシース作りにチャレンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆休みの終わり

今年は曜日の巡りあわせがよく、京都の大文字をゆっくり見ることができました。 これを見ると夏が終わってだんだん秋になっていくなと言う気がします。 最初に大文字。 今年の左大文字は着きが悪かったのか明るくなるのが遅かった気がします。 遠くに鳥居。 そして17日、横浜に帰ってきてかつしか星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クッキングキャンプin福井前坂キャンプ場2019(後編)

キャンプ2日目はホットサンドと生コーンスープ。 チーズや焚き火ベーコンをのせて二つ折りにした食パンをアルミホイルに包んで炭火で焼くだけのホットサンド。 昨日収穫したコーンは実をナイフで削ぎ落し、コンソメスープを入れただけ。 こんな簡単なものでも外で食べるとおいしいものです。 かなり乱雑なテーブル上。おしゃれキャンプではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クッキングキャンプin福井前坂キャンプ場2019(前編)

毎年お盆のころにお世話になっている福井県の前坂キャンプ場。 去年は海辺のガラガラ山キャンプ場に浮気してしまいましたが、今年は前坂に帰ってきました。 今年は2泊3日。2日目にこれも恒例の長野修平さんの焚き火料理のワークショップに参加予定です。 初日はゆっくり午後にキャンプ場入りし、ゆるゆると準備を始めます。 小2の甥っ子も一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなスプーンを仕上げる

ワークショップでは仕上げきれなかった煮物を混ぜたり盛り付けたりするためのスプーン。 グリーンウッドワークは生木じゃないとその削りやすさが活かせませんから早めに仕上げていきます。 斧で大まかな形は出来ていますから、あとはナイフの出番です。 すくう部分や握る部分の大きさや形を確認しながらチューニングしていきます。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きめのスプーンを作る

昨日は鎌倉のUPIアウトドア鎌倉店のワークショップに参加してきました。 大阪の能勢で木工とカフェをされている福畑慎吾さんを講師に招いて、スプーンづくりを教えてもらう講座でした。 材は北海道のシラカバ。直径20cmほどの丸太を4~6に割った薪から削り出していきます。 まだ伐採して日が経っておらず、手に取った瞬間に湿っていることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の土産を仕上げていく

先週北海道から帰ってきて、はや1週間が経ちますが、時々心がオンネトーに戻ってしまい、フワフワした気分のまま週末を迎えています。 モーラナイフアドベンチャーのワークショップのうち、ヨッゲさんに習ったスプーンづくり。 その加工がまだまだ残っているので今日は続きをしてみることにしました。 生木なので放っておくと乾燥でひび割れが来てし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーラナイフアドベンチャー イン ジャパン 2019(3日目)Morakniv Adventure in Japa…

モーラナイフアドベンチャー3日目は登山です。 2日目のワークショップはローテーションですべて受けることができましたが、最終日は選択制で好みのアンバサダーのワークショップをおかわりする仕組みです。 僕は高山植物にも興味があったので、ヨハンスカルマン氏と雌阿寒岳に登るコースに申し込みました。 このコースのみ人数は10名に限られ、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーラナイフアドベンチャー イン ジャパン 2019(2日目)Morakniv Adventure in Japa…

モーラナイフアドベンチャー2日目はワークショップ三昧です。 3人のモーラナイフアンバサダーによるワークショップ、参加者は3班に分かれて午前1回、午後2回、ローテーションで習っていきます。 ワークショップは午前9時から。 この季節、オンネトーは4時には明るくなり始め、テントの中にいるのももったいないので朝食前に散歩します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーラナイフアドベンチャー イン ジャパン 2019(1日目)Morakniv Adventure in Japa…

北海道オンネトーで7月5日から7日にかけて開催されたモーラナイフアドベンチャー、昨年に引き続き今年も参加してきました。 このイベントはいつも楽しい企画でお世話になっているUPIアウトドアが主催しており、日本はもちろん、スウェーデンやアメリカから達人を呼んで、木工とアウトドアスキルの技と心をキャンプしながらワークショップ形式で教えてもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麦味噌ができました

2月に仕込んだ麦味噌、4か月余りがたち、そろそろできた頃かなと甕を開けてみたら、まぁまぁいい感じ。 これにて完成という事で、器に小分けにしました。 米味噌はお盆過ぎまで熟成させますが、麦の場合はだいたい梅雨時期までで十分発酵が進みます。 味見したところ、少し塩が強く感じられ、もう少し熟成が進んだら甘みとかコクが出たかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬の花を見る(尾瀬ヶ原編)

尾瀬ヶ原に入り、いかにも尾瀬という感じの木道を歩いていきます。 小さな川の川べり、鮮やかな黄色の花が目に飛び込んできます。 リュウキンカです。葉っぱも花も鮮やかな色です。 ミズバショウは遠目だとまだいけます。 レンゲツツジはハッとするオレンジです。 池塘に浮島。これぞ尾瀬、の光景です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬の花を見る(鳩待峠から山の鼻へ)

友達からのお誘いで、尾瀬を歩いてきました。 土曜の夜、東京を出る夜行バスに乗り、早朝の鳩待峠から尾瀬ヶ原を歩き、午後に鳩待峠に戻ってくるコースです。 ミズバショウの時期には遅く、来月1日の至仏山山開きの前という事で驚くほど人が少なく、のんびり歩くことが出来ました。 梅雨の真っ最中でもあり、終日雨を覚悟していましたが、少しパラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

らっきょうの甘酢漬け

先週の月曜、注文していた土付きのらっきょうが届いたので、夕食の後、ほろ酔いでしたが、洗って根を取り、塩漬けまでしました。 1キロのらっきょうでしたが、ちょっと入念に剥きすぎたのか、600gあまりになってしまいました。 レシピ本などを見ると大体800gくらいになると書いてありますから、ちょっと張り切りすぎですね。 ともあれ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉でアジサイを見る

仕事がエアポケットのように空いたので、今日は休みを取りました。 特に何をするという予定はなかったのですが、午前中は雨も降らなさそうなので、鎌倉の明月院のアジサイを見に行くことにしました。 おそらく週末は恐ろしい人出でしょうから、平日の午前中にさくっと見物して、後は天気を見ながら行動を決めることにしました。 北鎌倉駅に10時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山椒の塩漬け、醤油漬け

季節は初夏というより盛夏の暑さです。 昨日、注文していた山椒の実が届いたので、今日は山椒仕事です。 和歌山で栽培されているぶどう山椒という品種です。 実がたくさん、ブドウのようになることからの名前だと思います。 外の皮が固くなる前に収穫された実で、柄から外して少し湯がいたら水にさらし、水気を切ってから半分は塩漬け、もう半分は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏の奥高尾

昨日は職場の仲間と陣馬山から景信山を歩いてきました。 このところソロで歩くことが多く、久しぶりに5人パーティーでのんびりハイキングでした。 高尾駅からバスに乗り陣馬登山口へ。 9時のハイキングスタートです。 直前まで少し降っていたようで地面が濡れています。 湿気はありますが気温が低めなので歩きやすいです。 ふもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼前の富士山(愛鷹山)

土曜日に愛鷹山(あしたかやま:1,504m)に登ってきました。 横浜から東海道線で国府津、御殿場線に乗り換えて御殿場駅からバスで小一時間行ったところ、十里木(じゅうりぎ)から歩き始めます。 御殿場線の車窓は神奈川県から静岡県に入ってから、富士山がどんどん近づいてきました。 バスに乗ってからは富士山の溶岩流と思われる地形の中を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天城山の新緑を楽しむ

万三郎岳を足早に去り、下っていきます。 縦走ルートを歩く予定ですが、遠くでゴロゴロ聞こえるし、周回ルートを歩いて登山口に戻ることにするか、予定通り進むか、ちょっと悩みながら歩きました。 前日は大雨になったようで、神奈川県内でも警報が出ていました。 今日は安定してると思ったんだけどな…と迷っていると分岐点にやってきました。 天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度目の天城山

5月5日、ゴールデンウィークも終盤ですが、伊豆の天城山に登ってきました。 去年、同じ日に行ってるんですが、その時の新緑の美しさがものすごく印象に残っていて、あの感動を再び、という事で早起きして電車に乗りました。 横浜駅を5:48に出る電車に乗るため、自宅を出たのは5時過ぎでした。 熱海で伊東線乗り換え、伊東駅から6分の接続で登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヤシオの花を楽しむ

武甲山の山頂はたくさんの登山者で大賑わいでした。 登り始めて約二時間、時刻は11時になっているのでお昼ご飯にしている人もいます。 多くの人は来た道と同じルートで戻るようですが、僕は南に針路を向け、まずは小持山を目指します。 芽吹きのカラマツとバイケイソウ。信州みたいだなぁと思いながら歩いてました。 足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武甲山に登る

埼玉県秩父に武甲山(ぶこうさん:1,304m)という山があります。 ブコーサンという音の響きから、以前から印象のある山でした。 横浜から秩父はなかなかの遠征になるのでいつか機会があればと思っていましたが、ゴールデンウィークの中盤以降、仕事が休める感じになったので、思い切って行ってみることにしました。 自宅の最寄り駅を6時前に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふき味噌をつくってみる

世間は10連休ですが、僕はなんとか今日で仕事が一区切りし、明日から休みに入れそうです。 休日出勤の途中、みなとみらいでやっているモンベルのイベントをのぞいたところ、よさそうなフキノトウが売ってたので思わず買ってしまいました。 たまに食べるふき味噌、自分で作ってみようと思い、チャレンジしてみました。 レシピは白ごはん.comを参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三鷹で天文に触れる

昨日は三鷹で星の話を聞いてきました。 公演は午後からでしたが、せっかく三鷹に行くので国立天文台をのぞいてみることにしました。 我が家からだと一旦渋谷に出て新宿から中央線で三鷹、そこからバスかな、と思いましたが、なるべく最短距離で行くにはと調べていたら、東横線で武蔵小杉、南武線で稲田堤、京王線で調布からバスという方法がありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の低山で花を見る

先週の土曜日、神奈川県北部にある生藤山(しょうとうざん:990m)、陣馬山(じんばさん:854m)に登ってきました。 天気予報は快晴。春の花々を目当てに早起きして電車に乗りました。 今回はJR藤野駅からバスに乗り、鎌沢入口で下車。ここから三国山を経由して生藤山に向かいます。 中央線は高尾駅から先になると電車の本数が極端に少なくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのキャンプ(ワークショップ編)

昼食後、いよいよお楽しみのワークショップのスタートです。 まずは長野修平さんのワークショップ、熾火による焼き彫りの器作りです。 まずはホオノキの丸太を玉切りし、へぎなたで半割にします。 割った木の上に熾火を乗せ、火吹き竹で空気を送り込みながら焦がしていきます。 2時間があっという間。 器作りは休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのキャンプ(準備編)

キャンプイベントの会場は湖北、海津大崎にある奥琵琶湖キャンプ場です。 ずいぶん前に行ったことのあるキャンプ場で、林間サイトで直火が使えたなぁという記憶があります。 今回割り当てられたサイトはみんなでワークショップをする広場と炊事場やトイレのスペースのちょうど中間地点でいい場所だったなと思います。 お隣は去年お世話になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more