昼間のセミの羽化

今日は葛飾区郷土と天文の博物館のイベントで、昼前に家を出た。

今日の担当は博物館の展示物の解説と展示物にまつわるクイズの出題。
担当は隕石のコーナーだった。
いっしょに担当になった人がお持ちの石、「テクタイト」を中心に話を展開した。

テクタイトは、大きな隕石が地球にぶつかった影響で、地面の岩石が溶けて蒸発したものが再び固まって地上に落ちてきた石のことを言う。(という説が今のところ最も有力)

普段見るだけの石と同じものを、実際に手にとって見られるという「経験」を目玉にしようと考えた。

テクタイトができた経緯を説明した上で、3種の石からテクタイトを選んでもらうというクイズ。
話だけでは難しいけど、展示物の中にそっくりな石があるのでじっくり見てもらえば間違えることはない。

時間に余裕があるときはルーペで拡大して見てもらったり、においをかいでもらったり。(においませんが)
結構喜んでいただけたんじゃないかな、と思う。
キーワードは「手のひらに宇宙を」。ちょっとキザか。

画像

ディスプレイはちゃっちいいですが、感動優先で・・・


画像

集合前に近くの公園を散策。セミが出てきた穴がすごい数。


画像

真昼間なのに羽化しているセミ。明るい時に見られるのは珍しいと思う。なんで?


画像

見る見る羽が伸びてくる。ゆっくり見たいけど博物館に行かなくちゃ・・・


画像

帰宅後、打ち上げ花火の音。マリンスタジアムかな。サマーソニックやってるんだっけ。



この記事へのコメント

バンビナ
2009年08月09日 01:37
「手のひらに宇宙を」。
キザーーー!(笑)
でもでも今日イチバンの人気ブースでしたw
今回の「触れる展示」はすごく良かった(*^o^*)
テクタイトの存在も大きいけど
ガシラッコさんのトークが際立ってましたよ~☆
反省会でも話題持ちきりでした!
せいちゃんず
2009年08月09日 05:42
僕も『手のひらに宇宙』ってとこ好きですよ
昨晩は、淀川も花火大会みたいでした
2009年08月09日 21:00
バンビナさん、こんばんは。
キザだね、やっぱり。 はずかし。

天文関連はどうしても「見る」だけの企画になってしまいがちなので、「さわる」経験にウェイトをおいてみました。
大人も子供も手に乗っけてもらえてよかったです。
トーク、もっと勉強します。(ほめてもらってはずかしいです。でも、ありがとう。)
2009年08月09日 21:02
せいちゃんずさん、こんばんは。
身近に宇宙を感じる経験ってあんまりないので、大人でもけっこう喜んでくれてたと思います。隕石触るってめったにないしね。
関西は暑いのかな。ハモ食べたいなぁ。

この記事へのトラックバック