埼玉の山を歩く(伊豆ヶ岳)

横浜に引っ越してもうすぐ2年になりますが、埼玉県は何度か通過したことはあるものの山も街も歩いたことはありませんでした。
我が家の最寄駅からは西武池袋線まで直通で行けるのですが、東京を通り過ぎて埼玉に買い物に行くわけではなし、山も丹沢、奥多摩が精いっぱいで足が向きませんでした。

健康づくりのため、今年は月に1回は山に行こうと思っていて、今月の行先はどこにしようか迷っていたところ、山のSNSでフクジュソウが咲いている記事を見かけ、春を告げる花だし見てみたくて、どこかと思ったら秩父の手前の山でした。
今の時期は1,000mを超える山は雪があるし、低山もスミレにはまだ早いし、それならば埼玉まで遠征してみようとなりました。

元々は先週の3連休のどこかで行こうかなと思ってましたが、あいにく雪が降るくらいの冷え込みだったので、1週間待ってこの日曜日に行ってきました。
家を出てから登り初めまで3時間弱、考えてみたら歩いた時間より移動の時間の方が長かったかもしれません。

そんな、埼玉県初挑戦の山は伊豆ヶ岳(851m)です。

画像

西武秩父線、正丸駅前の看板。そうです、なめちゃいけません。


画像

沢の小さな段差。飛沫が凍ってつららになってました。


画像

正丸峠へ向かう山道。谷筋の薄暗い植林地です。少し荒れているところもあって、慎重に歩きます。


画像

1時間ほどで車道に合流しました。正丸峠から飯能方面だと思います。関東平野はよく見えません。


画像

正丸峠からは尾根道です。風が一気に強くなり、かなり寒くなりました。
西側にある山は名前も知りませんが、斜面の木が茶色っぽいのは杉の花でしょうね。花粉が恐ろしいです。


画像

今年は降水量が少ないのか、登山道はおおむねドライでしたが、雪の融け残りもありました。


画像

これは来年はたくさん人が来そうですね。


画像

さて、伊豆ヶ岳手前まで来ました。男坂は鎖場のあるルートですが、落石注意との事なので迂回します。


画像

女坂も途中からは崩落しているようでさらに迂回路を行きます。


画像

登りきったら今回の最高地点、伊豆ヶ岳です。


画像

この山はチャートで出来ているそうで、山頂はテーブルのような岩が並んでいました。


画像

風が冷たく寒いので、高畑山を通り過ぎ、伐採地まで来ました。南向きで暖かいのでここでお昼にします。


画像

単独、日帰りの時はバーナーは持って行かず、手軽に魔法瓶に熱湯です。
フリーズドライのクリームパスタと塩パン、ココア。なかなかのランチです。


画像

天目指峠からは微妙なアップダウンが4~5回繰り返し。太ももがつりそうになりました。きついです。


画像

粉っぽい土と木の根っこ。かなりしんどかったです。


画像

突然、視界が開け、鐘の音が聞こえてきました。伊豆ヶ岳が真正面に見えます。


画像

子の権現に到着です。足腰守護の仏様だそうで、よく拝んどきました。


画像

そして楽しみにしていたフクジュソウ。満開でした。


画像

そしてもう一つのお楽しみは浅見茶屋のうどん。
名物の鍋焼きうどんは売り切れでしたが、肉汁つけうどん、絶品でした。850円也。
14時頃お店に入りましたが、僕の後、2、3組でうどんも売り切れとなったようです。人気なんですね。


画像

立派なひな飾りが出ていました。このあと、吾野駅まで45分ほど歩き、全行程約14キロのハイキング終了です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック