富士山に挑戦する

この夏、友達に富士山に登ろうと誘われていました。
2,000mより高い山に登ったことがないし、森林限界を越えたら花も咲いてないし、富士山の魅力も今一つよくわかっていなかったんですが、せっかくのお誘いだし、一人では行かないであろう山なのでチャレンジしてみることにしました。

最初に計画したのは7月の末、ちょうど台風がやってきて取り止めました。
次に8月の末、この時は秋雨前線が活発化し、雷雨の可能性が高かったので再度取り止めました。
そして9月6日、三度目の正直で決行となりました。
天気予報は晴れ、風もなく穏やかな日になりそうです。

早起きして東海道線に乗り込み、富士駅下車。
そこからはバスで富士宮口5合目に向かいます。

DSCN4739.jpg
バスの車窓から。頂上がばっちり見えます。
5合目あたりに少し雲がありますが、まぁ、大丈夫。


DSCN4767.jpg
富士宮口5合目で少しのんびり過ごし、体を慣らせます。
小一時間経って、いよいよ登り始めます。
てっぺんまでよく見えます。


DSCN4777.jpg
登り始めはまだ草花が生えています。
ヤハズヒゴタイかな?初めて見ます。



DSCN4784.jpg
こちらもお初です。イワオウギかな?


DSCN4789.jpg
イワツメクサ。結構、標高の高いところまで見られました。


DSCN4803.jpg
6合目から7合目までの間が長い~
目指す9合目の小屋はどこだろう…


DSCN4824.jpg
登り始めて3時間、3,000mを超えた新7合目。
伊豆半島が見えます。手前には5月に登った愛鷹山がはるか下に見えます。


DSCN4828.jpg
更に1時間。8合目、3,250mあたり。
宝永火口がずいぶん下に見えます。遠くに御殿場の街。


DSCN4838.jpg
9合目の手目。火山らしい真っ赤な岩がありました。
落っこちてこないか不安になります。


DSCN4867.jpg
登り始めからちょうど5時間、9合目萬年雪山荘に到着です。
今日はここで1泊し、明朝、山頂を目指します。


DSCN4850.jpg
はるか下に5合目の建物が見えます。よく登ってきたな。


DSCN4861.jpg
夕食はカレー。もうちょっと食べたかった。
まだ5時なので早い気もしますが、食事は6時まで、消灯は8時です。


DSCN4873.jpg
食後、外に出てみると影富士が出ていました。
思わぬ景色に感激です。


DSCN4875.jpg
日が落ちて、夕日のグラデーションが美しいです。


DSCN4882.jpg
今宵は半月。月のすぐ右下に木星が輝いていました。
8時消灯なので早々と床に就きます。
…が、8合目あたりからなんとなく頭が痛いなぁと思っていたところ、だんだんひどくなり、これは気のせいではなく本気の高山病のようです。
心臓の拍動に合わせるように頭がぎゅうぎゅう締め付けられるようです。
寝てしまうと呼吸が浅くなり、酸素不足でますます悪化するようです。
結局、ほとんど寝ないまま、寝袋の中でひたすら深呼吸していました。
深呼吸すると、少しは頭痛が和らぐような気がするんですが、元気回復には程遠い状況。
これは山頂は無理だなぁ…と思い始めていました。

山荘は山頂で御来光を見る人のために2時起床というシステム。
僕たちは山荘の前で日の出を見るつもりなのでゆっくり寝ていていいんですが、
なにしろ頭痛がひどいので3時には床を出て体を動かすことにしました。
寝ているよりかえって楽なんです。

DSCN4890.jpg
月が沈んで空は真っ暗。カシオペアからいっかくじゅうにかけて淡い秋の天の川が見えました。
頭の真上にはすばる、南東の空にはオリオンやシリウス。人工衛星や流星も見られてちょっと興奮します。


DSCN4909.jpg
頭痛は相変わらずですが、登頂を諦めるほどではなくなってきたので朝食のお弁当を食べ、日の出を待ちます。

この記事へのコメント

どろんこ太陽2019
2019年09月16日 16:25
影富士すごい‼‼生で見たら感動するやろうな〜‼
ガシラッコ
2019年09月23日 15:20
どろんこ太陽さん、高度感もすごいし、めっちゃでかかったです。
嘘みたいにでかい影絵でした。