富士山の山頂を踏む

高山病による頭痛がおさまらないまま、夜明けを迎えました。
起きてうろうろしていたら、体は動く感じなので山頂を目指すことにします。

山頂でのご来光を見る人たちが出発した後、少しのんびりした雰囲気の山荘でゆっくりします。
下からは弾丸登山と思しき人たちがヘッドライトを灯して次々にやってきます。


DSCN4912.jpg
東の空、だんだん明るくなってきました。


DSCN4922.jpg
箱根の山々。芦ノ湖の上には霧が立ち込めています。



DSCN4940.jpg
そして、5時10分過ぎ、日の出です。今日もいい天気になりそうです。


DSCN4959.jpg
山小屋も真っ赤に染まります。


DSCN4958.jpg
朝日の中登ってくる人、腰を据えて日の出を見る人。


DSCN4964.jpg
気温は6℃。結構暖かいです。

DSCN4976.jpg
5時40分頃、山頂に向けて出発します。


DSCN4983.jpg
歩くこと1時間半。富士宮口山頂です。!やった~


DSCN4987.jpg
ここから火口をぐるりと一周するお鉢めぐりです。
まずは、剣ヶ峰3,776mを目指します。


DSCN4990.jpg
飛行機からしか見たことのなかった火口。すごい迫力です。


DSCN4995.jpg
最高地点を踏み、火口の北側へ。
八ヶ岳や南アルプスが見えます。


DSCN5003.jpg
火口の北側、まだ雪が残っていました。



DSCN5009.jpg
火口をほぼ一周し、小休止。
お菓子の袋がパンパンです。


DSCN5041.jpg
下りは御殿場口。オンタデが早くも黄葉しています。
7合目までは落石が心配になる険しい下り。
7合目から下り6合目までは小さな小石が積もった下山道、大砂走りで一気に。


DSCN5048.jpg
下り6合目からはプリンスルート。
富士山の一番新しい火口、宝永火口を歩きます。


DSCN5060.jpg
山頂からはずいぶん下りてきた感じがしますが、宝永火口の斜面を見ると高度感がすごいです。


DSCN5082.jpg
火口の縁から底を通り抜け、富士宮口6合目を目指します。
富士山にハイマツは無く、かわりに上に伸びられないカラマツが茂っています。


DSCN5096.jpg
6合目。ここまでくれば帰りのバスの時間も計算できます。
暑くなってきたのでラムネで小休止。
この後、水ヶ塚経由で御殿場駅までバスに乗り、JRで帰宅しました。

初めての富士登山、頭痛に悩まされはしましたが、最高の天気の2日間、十分満喫できました。
富士山6回目という友人のコース設定やペース配分のおかげで安全に楽しく歩くことができ、感謝です。

この記事へのコメント