木彫りのトムテを作る

昨日は鎌倉にあるアウトドアショップ、UPIアウトドア鎌倉店の開催するワークショップに参加してきました。
今回はシラカバから作るトムテです。

トムテは北欧に伝わる妖精で、農業の守護神なんだそうです。
スウェーデンではトムテ、他の国ではそれぞれ名前が異なるようです。
現代においてはキリスト教の影響でサンタクロースと同一視またはよく似たものとされているようです。
ひげのおじさんという意味ではおんなじですね。

ワークショップではキャンプで使うような大きめの薪を主に木工用の斧を使って削っていくところから作業スタートです。
なかなかパワフルな作業で、すぐに汗がにじんできました。

DSCF6756.jpg
四つ割りにしたシラカバの薪の両端をとがらせるように削っていきます。
グレンスフォシュの短めの斧です。扱いやすいですね。


DSCF6763.jpg
かつお節みたいな形になりました。
斧はカルソフに変えてみました。刃が長くてシャープな感じ。
僕はグレンスフォシュよりこちらの方が好みです。欲しいな。
この後、表面を整えるためシェービングホース(削り馬)と両手で握れるドローナイフで削っていきます。


DSCF6765.jpg
ノコギリで2本線を入れ、斜めに削って鼻を作っていきます。
ここからはモーラのウッドカービングナイフで削っていきます。


DSCF6778.jpg
尖らせた部分両方に顔を作って真ん中あたりで切断します。


DSCF6784.jpg
そうすると2体のトムテになります。


DSCF6799.jpg
後は絵の具で色を塗っていきます。


DSCF6822.jpg
参加者の作品を並べて記念撮影。
いろんな形と表情のトムテ。全部並べておきたいくらいです。



DSCF6846.jpg
そして今日はコーヒーメジャーの仕上げをしました。
手持ちのフックナイフでは深く彫ることができず、昨日、新たに買い足しました。


DSCF6850.jpg
すくう部分はいい感じなんですが、持ち手が小さすぎて使いづらい…
そのうちまた作ろうと思います。


DSCF6854.jpg
一応、完成したので早速コーヒーを淹れてみました。


DSCF6865.jpg
昨日作ったトムテにチップカービングで星の模様を刻んでみました。
なかなかシャープな溝を彫るのは難しいですね。これも練習しないと。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント