青竹のスプーンふたたび

先月いただいた青竹、ジップロックに入れて冷蔵庫で保管していましたが、そろそろ使い切ってしまうことにしました。
前回はカレースプーンのイメージでしたが、今回はスープやヨーグルトをすくえるような、丸い形にしてみたいと思います。

DSCF9642.jpg
マジックで形を描いて大まかに削っていきます。


DSCF9652.jpg
厚みがあるので削るのは結構パワーが要ります。


DSCF9669.jpg
すくう部分はフックナイフです。


DSCF9678.jpg
大体、こんな感じで。


DSCF9683.jpg
緑の皮の部分は軽くこそげ落として完成です!
このほうが使い込むうち、きれいなあめ色になるんだそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2020年07月05日 21:13
こんばんは!
以前、囲炉裏に使われていた煤竹が一本在ったんですが、
竹細工に手を出す自信が無かったので、
手先の器用な従兄に譲ってしまいました。
今頃に成って、勿体無かったかなと思ってます (^_^;)
ガシラッコ
2020年07月26日 18:09
無名子さんこんにちは。コメント遅くなってすみません。
煤竹とはまた貴重なものですね。茶匙とかすごいお値段しそうですね。
削ってみたい気もしますがビビってしまいそうです。