今年の削り納め

例年、年賀状用にネイチャークラフトで干支の動物を作っていましたが、干支も一回りしたので去年からは生木を使った木工(グリーンウッドワーク)による動物づくりに切り替えました。
いろんな素材をあれこれ組み合わせて作るネイチャークラフトも楽しかったんですが、しばらくはナイフを中心に斧やノコギリを使ったグリーンウッドワークを楽しみたいと思っています。

さて今年は栗の木で作る牛です。
素材となる栗の生木は秋に参加したスツールづくりのワークショップで余ったものを分けていただいたもので、湿らせた新聞紙にくるんでビニール袋で保管していました。
カビるかなと思っていましたが、全く問題なく、水分もしっかり保持していました。

DSCF1796.jpg
スツールの脚にするため、四角く割った状態です。


DSCF1815.jpg
断面はこんな感じ。木目は素直で水分もあり、すごく削りやすかったです。
クリの木は渋いような独特の香りがあるんですね。


DSCF1809.jpg
すべてナイフで仕上げようとすると大変なのでノコギリで切れ込みを入れました。


DSCF1821.jpg
頭の形や角と耳の位置のバランスか難しく、試行錯誤です。


DSCF1830.jpg
最初に作ったのは完全に熊ですね。
全部で3体作って、だんだん牛らしくなってきました。


DSCF1844.jpg
2体目は赤く塗って赤ベコ風にしてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント