木彫りの雛人形

手持ちの生木が少なくなってきて、スプーンが作れるようなサイズの材料はもうありません。
雛祭りが近いことだし、夫婦の立雛を作ってみようと思ったのが2月21日。
それからちょっとずつ作業を進め、この週末には削り終えました。
後は色を塗るか塗らないか。

少し迷いましたが、正月の赤べこ用に買った絵の具があるので塗ってみることにしました。
手持ちの色は白、黒、赤、緑の4色。
これを混ぜ合わせながらなんとか仕上げることが出来ました。
春らしい色合いで気に入っています。

DSC_0253.jpg
お内裏様は白樺です。
少しだけノコギリを使いましたがほとんどナイフだけで削っています。


DSCF2769.jpg
お雛様は栗です。材の色は白樺に比べ少し黒っぽいですね。


DSCF2779.jpg
着物の重なりはチップカービングで表現しています。


DSCF2833.jpg
緑と赤に白を混ぜてパステルカラーにします。
バターミルクペイントは優しい色合いですね。


DSCF2823.jpg
着物には色違いでお揃いの模様を入れてみました。
老眼には厳しい作業でした。


DSCF2802.jpg
後姿はこんな感じです。
色塗りまでなんとか雛祭りに間に合ってよかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月03日 20:59
こんばんは!
手作りの雛人形素敵ですね (^o^)
むか~し、折り紙で五段飾り作ったのが最後かな。
最近は作る気力がわきません (^_^;)
ガシラッコ
2021年03月14日 20:16
大きな段飾りだと出し入れも大変ですね。
見せる子供もいませんが、せっかく作ったので今後はこの人形を毎年飾ろうと思っています。