ガシラッコの自然観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北熊本と南福岡をドライブ

<<   作成日時 : 2017/03/20 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は珍しくドライブでした。
早起きして、さあ、出発と思ったらバッテリ上ってた…

こらあかん今日は中止、と思いましたが意外に早くレスキューが来てくれて、予定より1時間遅れくらいで出発できました。
メンテはマメにしないとあきませんね。

さて、気を取り直して高速に乗ります。
三連休の中日、そこそこの車の多さですが、大渋滞というほどではありませんでした。

第一目標は熊本県荒尾市の小代焼ふもと窯です。
良質の粘土が出るという小岱山の麓にある窯です。
その歴史は加藤清正の頃からと言いますから400年以上ですね。
当主の井上泰秋さんのお顔を拝見しましたが、やさしそうな方でした。

小代焼を知ったのは息子さんの尚之さんの作品を京都の雑貨屋さんで見たのがきっかけでした。
英国の伝統の技法、スリップウェアの作品が気に入っています。

画像


南関ICから30分くらいだったでしょうか。県境を越えてすぐですから我が家から結構近いです。


画像

乾燥中の作品がたくさんありました。


画像

立派な登り窯がありました。ジョウビタキがポーズ取ってくれました。
工房の横には作品を販売する建物があり、ゆっくり見て回りました。
お皿を何枚かと、少々難ありの急須が安く買えました。


画像

お次は福岡県に戻り大川市へ。
目指すは旧国鉄佐賀線の筑後川橋りょう(筑後川昇開橋)です。


画像

昭和10年竣工の古い橋です。もちろんリベット接合です。
現在は遊歩道になっています。


画像

河口に近いのでかなり長い橋です。(L=507m)


画像

この橋、現役の可動橋なんです。昇降差は約23mあるそうです。
塔の間の桁が垂直に吊り上げられ、船が行き来できるようになっています。(可動部L=24m)


画像

昔の汽船は煙突があったのでこれだけの高さが必要なんですね。


画像

水面に落ちる可動部の影。なにか面白いものを発見したような光景でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北熊本と南福岡をドライブ ガシラッコの自然観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる