曲がりネギ

毎週月曜日に宅配の食品が届く。

カタログを見ながら翌週の献立を嫁さんと相談している。
当然、ほしいものを選ぶけれど、面白い企画があって最近登録した。
その名も「とくたろうさん」。

毎回、630円を上限として野菜か果物が1、2種類ランダムで届くというものだ。
それも、ふだんあまり流通していない在来品種ばかり。
昔ながらの品種を大事に育てている農家を応援しよう、という意味もあるらしい。

はじめてみると、見たことも聞いたこともないような野菜が届いて、料理法を考えるのがなかなか面白い。

今回は山形の置賜地方で育てられている曲がりねぎ(和田系)というのが来た。236円。
種まきから収穫まで1年以上費やし、育てるのにも手間もかかるようだ。
そんなおねぎに敬意を表して、シンプルに焼いてみた。

画像

なるほど、曲がってます。成長の途中で斜めに寝かして植え直し、土寄せするそうだ。
ちょっとだけ生のを刻んで厚揚げに載っけてみた。すごく辛かった・・・


画像

グリルで焼いて、醤油をちょこっとだけ。


画像

中心部はとろとろあつあつあまあまでした。



この記事へのコメント

マイペンラーイ2
2008年12月06日 10:11
ガシラッコさん、こんにちは。いつの間にか寒くなりましたねえ。
正月まで後1ヶ月もないなんて、信じられません。

さて、太い白ネギですね。曲がっている分だけ白い部分が長いんでしょうね。
寒い地域でじっくりと育てるから甘味が出るのかな?
2008年12月07日 17:52
マイペンラーイ2さん、こんばんは。
どうしてわざわざ斜めに植え替えるのかな、と調べてみたら、可食部が長くなる以外にも、ストレスのせいでとろっとした部分が多くなって、おいしいんだそうです。
地域によっては、いい土の部分がうすくて、長いままは育てられないということもあるようです。
スーパーの長ネギでは気がつかないことがわかって、よかったと思っています。

この記事へのトラックバック