谷津干潟の自然観察(動く生き物編)

干潟へ向かう道で、虫の赤ちゃんに出会った。

画像

脚がシマシマのカマキリ。コカマキリかな?
いっちょまえに威嚇してくる。


画像

キリギリスなのか、カマドウマなのか・・・触覚が長くてかっこいい。


普段入れない「干潟体験ゾーン」での観察会に参加した。
ヤドカリ、ホソウミニナ、トビハゼなんかがいっぱいいた。

画像

水の中にどんどん入っていくアシハラガニ。青っぽい甲羅と立派な爪が特長。


画像

陸地に多かったクロベンケイガニ。フサフサの毛がいかつい。


画像

水溜りの中にある細い穴をスコップで掘り起こすとゴカイが登場。
ゴカイの巣穴が干潟に酸素を供給しているそうだ。
真っ黒な干潟の泥が巣穴のところだけ茶色になっていた。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 谷津干潟のトビハゼ

    Excerpt: 前回の続きです。 まだまだ13日に行った谷津干潟ネタで引っ張りますが、 実は21日も行ってきましたので、そちらの写真も載せていきます。 谷津干潟自然観察センターではたくさんのイベント開催され.. Weblog: 健忘症的月なブログその参 ~デジカメ適当写真と日々の雑記と備忘録と戯言と~ racked: 2009-06-22 20:32