ご近所散策で出会った花たち(+仲間たち)

この季節、100m歩けばしゃがみこんで激写するポイントが何箇所もある。

しゃがんで見ると視点が変わって、また新しい発見がある。


画像

アカメガシワの赤い芽。新芽はほんとに真っ赤です。


画像

カエデ(もみじ)の花です。目立たないけどかわいい。


画像

クサフジ。葉っぱはカラスノエンドウにそっくりだけど、藤の花のようにふさになって花が咲く。


画像

ドングリって双葉は開かずに栄養だけ送るんだ!(コナラだけ?)


画像

タンポポの花の中でバッタがむしゃむしゃ。花粉を食べてるようです。


画像

優雅な飛び方。コミスジ?


画像

ミツバチは必死にお仕事です。


画像

カワトンボは同定が難しいです。メタリックな姿、カッコイイ!


画像

おまけ。札幌からやってきたトワイライトエクスプレス。トンネルを抜けると京都です。

この記事へのコメント

ほーりー
2010年05月05日 13:28
クサフジという植物だったのですね。
うちの実家の裏山にもクサフジがたくさん咲いていました。
甥っ子に聞かれたのですが、知らなかったので
「ちょっと豪華なカラスノエンドウやろ」と言ってしまいました。
あとで電話して、ちゃんとていせいしなくっちゃ。
2010年05月05日 18:26
ほーりーさんこんにちは。
ちょっと豪華なカラスノエンドウ、ぴったりな表現ですね。
花の見栄えはクサフジの方が上ですね。
色もきれいだし、もっとメジャーでもいいのに。

この記事へのトラックバック