朽木(くつき)ぐるり一周

梅雨入り前最後(?)の晴れの日の昨日、森の師匠と二人で高島市朽木(旧朽木村)をぐるりと回ってきた。

師匠が若い頃、休みの日に一人でテントを張って寝泊りしてリフレッシュした話、今後の里山楽校の話、インタプリターと自然観など、話は尽きない。

いろんな生き物が次々現れて、追いかけるのに忙しく、気がつくと喉がからからだったり。
これからの季節、熱中症に気をつけないと。

里山と奥山の両方をたっぷり楽しんだ。
夏になったら師匠と同じところでソロキャンプをしてみようと思う。


画像

キャンプの時はこのホオの葉っぱをお皿にしてみようか。


画像

朽木はトチ餅が名産。こんな巨木になるとどれくらい実を落とすんだろうか。


画像

おっと、これは熊用ですな・・・


画像

ちっちゃいヤマアカガエル。きっとこの春生まれだな。


画像

ピンクのヤマボウシにモリアオガエルの卵塊。この下にはもちろん水溜りが。


画像

シオヤトンボ♂。シオカラより短くてお腹の幅が広く見える。羽の付け根の茶色が特徴。


画像

マムシグサもたっくさん。


画像

福井県との県境、おにゅう峠。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック