青ヶ島最高地点、大凸部(おおとんぶ)を踏む

雲が切れて景色が楽しめそうなうちに、大凸部(おおとんぶ:423m)に行ってみることにしました。
宿を出るとすぐに道しるべがあり、舗装路を登って行きます。


DSCF6135.jpg
登山というほどでもないんですが、坂道を登ります。



DSCF6150.jpg
舗装路が終わってしばらく行くと鳥居のある分岐点に着きました。
ここからが登山道という事のようです。


DSCF6155.jpg
登山道は階段になっており、普通の運動靴で十分登れそうです。
所々にオオタニワタリが生えています。立派な株です。


DSCF6172.jpg
鳥居のあったところから20分ほどで最高地点の大凸部です。
三等三角点「青ヶ島」。


DSCF6176.jpg
雲が晴れて日が射すと海の青さがすごいです。


DSCF6180.jpg
大凸部から見る池之沢地区。カルデラの中に火口丘の丸山が見えます。
丸山の斜面が縞模様になっているのは椿の木を線状に植林しているからだそうです。


DSCF6204.jpg
ヘリポートやジョウマンという平地の方向。八丈島は見えませんでした。


DSCF6207.jpg
十分に景色を楽しんだ後、鳥居の分岐まで戻り、東台所(とうだいしょ)神社方面に向かいます。
このルートはハイカットのシューズが要りますね。


DSCF6211.jpg
途中からすごい急勾配になり、足元が玉石なのでつるつる滑ります。
両手も使ってなんとか登り切りましたが、下りには使ってはいけない危険な道ですね。
一度、ふもとに下りて水道施設側から登るのが正解だと思います。


DSCF6214.jpg
登りきったところにある赤い建物が神社でした。
廃屋かと思い通り過ぎてしまいました。失礼しました。


DSCF6231.jpg
神社から少し行ったところ、尾山展望公園から見る池之沢。
カルデラの壁の向こうに海が見えます。


DSCF6238.jpg
丸山を見る角度が大凸部と比べて少し変わりましたね。


DSCF6257.jpg
展望公園から下って行くと斜面が緑色になっています。
ここは降った雨を集める水道施設です。


DSCF6266.jpg
集落まで降りてきました。1780年の噴火による全島避難を経て1824年に島民全員が帰還した史実に基づく還住の像です。


DSCF6276.jpg
宿に戻ってきました。エアコンもあり、快適な部屋です。


DSCF6281.jpg
お昼ご飯は味噌ラーメン。麺はかなり多めでした。おいしかった。
青ヶ島には飲食店が無いので、1泊3食付が基本です。一人部屋で1泊10,000円でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント