テーマ:グリーンウッドワーク

青竹のスプーンふたたび

先月いただいた青竹、ジップロックに入れて冷蔵庫で保管していましたが、そろそろ使い切ってしまうことにしました。 前回はカレースプーンのイメージでしたが、今回はスープやヨーグルトをすくえるような、丸い形にしてみたいと思います。 マジックで形を描いて大まかに削っていきます。 厚みがあるので削るのは結構パワーが要ります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青竹を削って作るスプーン

ステイホームな週末が続いています。 先週、切ったばかりの青竹を譲っていただく機会があったので、ジップロックに入れて冷蔵庫で保管しています。 先週は菜箸を、今週はスプーンを作ってみました。 竹は繊維がまっすぐなので削りやすいのですが、節は固くなかなか手ごわかったです。 また、スプーンを作るときはフックナイフを使いますが、線維が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーメジャー2本目

このところ、木ばっかり削っています。 友達に先日作ったコーヒーメジャーの写真を見せたところ、「ほしい」との声をもらったので、プレゼント用にもう1本彫ってみることにしました。 幸い、小割にした白樺の生木がもう1本だけ残っています。 サイズは前回作ったものとほぼ同じ。 ペーパー用に挽いた粉なら山盛り1杯でコーヒー1杯分になります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木彫りのアマビエ再び

ステイホームで晴天の日も家にこもっています。 仕事の都合上、これまで3年間ゴールデンウィークはほぼ休みがなかったんですが、人事異動があって久しぶりに休みを満喫するぞ!と思っていたんですが、まさかの外出自粛です。 手持ちの白樺の生木も少なくなってきたので、先日作ったコーヒーメジャーの端材でアマビエを作ることにしました。 キャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンウッドワークを楽しむ

このコロナの騒ぎがなければ、このゴールデンウィークはどの山に登ろう、どこでキャンプしよう、という感じだったと思いますが、朝、近所を少し散歩するくらいでほとんど家の中にいます。 料理を作ったり、Youtube見たりもだんだん飽きてきて、仕事も在宅勤務となり、体を動かすことが少なくなってしまいました。 さわやかな風とまぶしい日差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木彫りのアマビエ

コロナウィルスの感染拡大を受け、仕事が在宅勤務中心になり、休日も山に行ったり旅行に行ったりすることも控えています。 いつまで続くのか、先が見えない我慢というのは結構ストレスがたまるものです。 この土日は久しぶりにカービングナイフを握ってグリーンウッドワーク(生木の木工)を楽しみました。 年末にもらってビニールに入れていた白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木彫りの煮魚すくい

去年の12月、長野修平さんの自宅兼アトリエで開催されたシラカバで作るスプーンづくりのワークショップ。 そのとき、準備してあった材を少し分けていただいて、宿題を持ち帰っていました。 長野さんの娘さんがカレイの煮物が好きなんだそうで、その魚の身を崩さないようにすくえる、大きなさじのような、ヘラのようなものを作られていました。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手づくりのしゃもじ

先月、トムテづくりのワークショップの時に出た白樺の端材を使って、しゃもじを作ってみました。 斧を持っていれば勝負が早いと思いますが、家で使うには音や振動の問題もあってなかなか買えずにいます。もし買うならこれにしようというのがあるんですが、買える日は来るんでしょうか。 というわけで、時間を見つけてはちょっとずつナイフだけで木を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木彫りのトムテを作る

昨日は鎌倉にあるアウトドアショップ、UPIアウトドア鎌倉店の開催するワークショップに参加してきました。 今回はシラカバから作るトムテです。 トムテは北欧に伝わる妖精で、農業の守護神なんだそうです。 スウェーデンではトムテ、他の国ではそれぞれ名前が異なるようです。 現代においてはキリスト教の影響でサンタクロースと同一視またはよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラカバのパフェスプーンを作る

モーラナイフに出会ってから、休日のちょっとした時間に木を削って食器などを作る事が増えました。 夏に長野修平さんからシラカバの生木を分けていただいて、しばらく冷蔵庫に入っていました。 生木(グリーンウッド)は外に出しておくと乾燥してひび割れてしまうし、湿った状態で常温に置くとすぐにカビてしまいます。 なので、生木は冷蔵か冷凍がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなスプーンを仕上げる

ワークショップでは仕上げきれなかった煮物を混ぜたり盛り付けたりするためのスプーン。 グリーンウッドワークは生木じゃないとその削りやすさが活かせませんから早めに仕上げていきます。 斧で大まかな形は出来ていますから、あとはナイフの出番です。 すくう部分や握る部分の大きさや形を確認しながらチューニングしていきます。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きめのスプーンを作る

昨日は鎌倉のUPIアウトドア鎌倉店のワークショップに参加してきました。 大阪の能勢で木工とカフェをされている福畑慎吾さんを講師に招いて、スプーンづくりを教えてもらう講座でした。 材は北海道のシラカバ。直径20cmほどの丸太を4~6に割った薪から削り出していきます。 まだ伐採して日が経っておらず、手に取った瞬間に湿っていることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の土産を仕上げていく

先週北海道から帰ってきて、はや1週間が経ちますが、時々心がオンネトーに戻ってしまい、フワフワした気分のまま週末を迎えています。 モーラナイフアドベンチャーのワークショップのうち、ヨッゲさんに習ったスプーンづくり。 その加工がまだまだ残っているので今日は続きをしてみることにしました。 生木なので放っておくと乾燥でひび割れが来てし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーラナイフアドベンチャー イン ジャパン 2019(2日目)Morakniv Adventure in Japa…

モーラナイフアドベンチャー2日目はワークショップ三昧です。 3人のモーラナイフアンバサダーによるワークショップ、参加者は3班に分かれて午前1回、午後2回、ローテーションで習っていきます。 ワークショップは午前9時から。 この季節、オンネトーは4時には明るくなり始め、テントの中にいるのももったいないので朝食前に散歩します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の土産を仕上げていく

北海道オンネトーで過ごしたモーラナイフアドベンチャーから、ひと月経ちましたが、未だに旅の余韻が続いているように思います。 キャンプ場の景色、少し緊張を伴ったワークショップの雰囲気、朝食時のゆったりした音楽、焚き火と料理、どれも色あせません。 ワークショップでは仕上げきれなかったバターナイフとメノコボードを週末の空いた時間に少しず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーラナイフアドベンチャー2日目

イベントの中日です。 前夜は冷え込み、寒さに震えましたがそこそこ寝られました。 夜明けは早く、4時には明るくなりますが7時くらいまでテントの中にいたと思います。 この日は午前1回、午後2回、講師を変えながら計3回のワークショップです。 参加者は約50人、16人ずつくらい3班に分かれて順に習っていくスタイルです。 まずは腹ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more